テンバガー

テンバガー銘柄を探し、投資してみた結果

こんにちは。

以前、テンバガー銘柄を選定した記事を書きました。

あわせて読みたい
テンバガー銘柄(10倍株)とは?見つけ方と特徴、候補銘柄・過去銘柄を集めてみたこんにちは。 売り買いを繰り返して利益を得るのが株の醍醐味ですが、仕事などで「毎日株価を見ることができない!」という方は多いでしょ...

この記事でTOKYO BASEとイトクロの2社を選び、2017年の6月9日に100株ずつ購入しました。

今回はその2銘柄がどうなったか、を報告していこうと思います!

TOKYO BASEの収益報告

まずTOKYO BASEです。

簡単にどんな会社かを説明しますと、渋谷区にありますアパレルです。「STUDIOUS」というセレクトショップを運営している事で有名ですね。

CEOの谷正人さんは、2015年にアパレル業界最年少でマザーズ上場を果たしました。まさに新進気鋭の会社ですね!

ちなみに足元の業績はこんな感じです。売上高の推移を赤枠で囲っています。

取得単価は3,480円です。

チャートだとこんな感じですね。

振り返ると割りといいところで拾えたと思います。最高で70%上昇したのですが、1年で10倍になる銘柄をコンセプトに選定したので、別に動かさなくていいかぁ、などと呑気に思っていました…

しかし、8月後半から徐々に上値が切り下がり、下降トレンドに入っていきます。結果、10月の半ばに4,555円で一度手放すことにしました。

よって、TOKYO BASEは107,500円の利益です。反省点は「10倍になる!」という自分が選定した銘柄を過信しすぎた点ですね…笑

イトクロの収益報告

次にイトクロです。

ここは港区にある、「塾ナビ」というポータルサイトを運営している会社ですね。創業者の伊藤弘和さんと黒岩剛史さんの「イトウ」と「クロダ」をとった社名です。

こちらもTOKYO BASEと同日、4,025円で購入。

イトクロも振り返るといい位置で買えました。

一時期6,090円をつけ、50%以上の含み益が出ましたが、TOKYO BASEと同じ理由で呑気に放置。なんだかTOKYO BASEとチャートが似てますね。

イトクロはここ最近まで放置していたのですが、動きが芳しくなく、買いたい銘柄もあったので4,800円で売却。結果77,500円の利益です。

2銘柄での収益結果

結果、テンバガーとは程遠く、合計185,000円の利益です。

一応、日本精工の損失分(150,000円)は取り戻せましたが、利益としては微増といった感じ…

今回の反省点は自分を過信しすぎて、市況全体をしっかり見ていなかった点ですね

今後は相場全体をしっかり見ながら、売り時を見極めないといけませんね…

さて、こうしてTOKYO BASEとイトクロをすべて現金化した私は、とある銘柄に投資をすることにしました。

あわせて読みたい
株で一攫千金・マザーズのバイオ銘柄にすべてをかけるこんにちは。 前回の記事で損失分を取り返した私は、年末の一攫千金を求め、銘柄選びをしておりました。 前回の記事はこちら↓ ...