テンバガー

ソレイジアはテンバガー候補?株主総会の案内が届いたから、改めて考察してみる

こんにちは。

先日僕が保有しているソレイジアから株主総会の案内が届きました。

こんな感じのやつ↓

普通に平日の金曜午前10時から始まるらしいんだけど、これ普通のサラリーマンはほぼ確実に参加できなくないか?株主総会ってどこもこんな感じなんですか?

ソレイジアに関しての記事はこちらもご参考ください。

あわせて読みたい
バイオ銘柄にすべてをかけた結果wwこんにちは。 前回、年末の一儲けでソレイジアを購入したという記事を書きました 前回の記事はこちら↓ https://2...

以前保有していた日本精工やイトクロなんかからも、株主総会とか配当金のお知らせとかは来ていたのですが、正直読むのがめんどくさすぎて完全にスルーしていたので、今回はちゃんと読んでみて、ソレイジアの将来性についてまとめてみようと思います。

この記事の要約

ソレイジアって何してる会社なの?
なぜ注目されているの?
本当に可能性がある会社なの?

ソレイジアってどんな会社?

ソレイジア・ファーマ株式会社、通称ソレイジアはがん治療薬の創薬ベンチャーです。

あの伊藤忠商事が親会社となっており、2017年3月24日に上場を果たしました。

がん治療薬である「SPシリーズ」を主力製品とし、現在日本だけでなく、親会社伊藤忠のパイプラインを通じて中国・欧米にも販路を拡大しようとしています。

この会社が界隈から注目されている理由は、2019年12月期に連結営業損益を1億円弱の黒字に転換させる計画がソレイジアから発表されているからです。

中国で製造販売の承認を受ける主力の医薬品が業績をけん引するとの予想から、昨年末は大きく株価が動きました。

こういった創薬ベンチャーで黒字化の予想を立てる強気の会社は珍しく、短期的な値上がりを期待した資金が流入しました。

このニュースが大体2017年11月のものです。これまでの株価は下のような感じです。

現在の株価はこちら(Yahooファイナンス)

ちなみに私は440円くらいで掴んでいるので、上がるまで気絶して完全放置する予定です。

ソレイジアの将来性

株価が上がるための焦点は、本当に黒字化が現実的なのかという点です。

株というものは将来性を見越して買われるものなので、その会社が本当に将来性があるのかは非常に重要です。

ソレイジアが黒字化するためは、現在承認申請中のがん治療薬「SPシリーズ」が実際に承認されるのが絶対条件と言えます。

逆にこれが予定より遅れたりすると容赦なく株価は下落します。昨年には「SP-01」が中国で承認を受ける予定だったのですが、現時点でまだ承認されておらず、失望売りが広がっております。

SP-01の開発状況(コーポレートサイトより)

現在のソレイジアの主な収益源は別の開発品である「SP-03」のマイルストン収入です。マイルストン収入というのは非臨床実験(動物実験など)で成果が出るたびに提携先から受け取れる収益です。

これが実際に承認されて、市場に出回ることでロイヤリティ収入が収益に加えることが出来るようになり、新薬が売れれば売れるほどソレイジアにとっての利益になります。

つまりマイルストン収入だけでは当然赤字のままで、実際に承認されロイヤリティ収入が入ってこない限り黒字化はありえないのです。

承認が近いのはSP-01とSP03

SP-01の開発状況は上記の通りで、昨年中には中国での承認が降りる予定だったのですが、やや遅れているようです。一方、すでにマイルストン収入が得られているSP-03の開発状況は…

国内での上市(市場に出回る)がまもなくで、中国での承認がもう一歩といったところです。

ロイヤリティ収入に近いのはSP-01とSP-03なのですが、これらの開発状況については、株主総会の案内には書いてなかったので、実際の株主総会で言及されるのかも知れません。

僕は仕事で行けないのですが、めちゃくちゃ行きたかった…

ソレイジアはまだまだ先行投資のフェイズ

ソレイジアの売上利益は約4億円に対して、研究開発費や管理費が約14億円。単純計算で約10億円の損失です。

やはり承認されて上市に到るまで、利益が上がるのに時間がかかりそうですね。

とは言え、さすがに今年中にはSP-01とSP-03のいずれかが承認あるいは上市まで行きそうではあります。それを考えると今の株価は割安かも知れません

。繰り返しますが、創薬ベンチャーで黒字化を打ち出している強気の経営をしている会社は稀です。何かしらの根拠があるように思えてなりません。(まだ具体的な根拠は出てないのですが…)

株価の予想は?

当面は400円の壁を超えられるか、というところが着眼点となるでしょう。

テクニカル的な指標を見ると「カップウィズハンドル」というチャートパターンが形成されてきていますね。

下記のようにティーカップのようなチャートを描いているときは、直近の高値390円くらいを抜けてくると強い動きになる可能性が高いです。

仮にここから下がるようであれば、300円前半まで再び下がる可能性がありますね。

ともあれ400円を超えてきて、さらに承認が重なれば非常に強い相場になりそうです!

ソレイジアはテンバガー候補銘柄?

テンバガー銘柄というのは、株価が10倍になるような大化け株のことを言います。

個々数年のテンバガーを達成している株の特徴は、

  1. 低位株(小型株)でそもそもの株価が安い
  2. 利益成長率が高い
  3. 業績が赤字の状態から黒字転換した(する可能性が高い)
  4. 会社の事業がテーマに沿っている

などが挙げられます。特に過去のテンバガー達成銘柄を見てみると、初動は株価500円以下のものがほとんどです。

現状のソレイジアは上記の1、3、4を満たしており、テンバガーに成りうるポテンシャルを秘めている銘柄です。

まとめ

今回、改めてソレイジアについてまとめましたが、株主総会の案内に書いてあることはすでにIRで出ている情報がほとんどですね。

株主総会を経て何か情報が出れば、またまとめて行きたいと思いますので、今後もソレイジアに注目して行きたいと思います。